タオルン

-タオルン / タイトル

タオルお洗濯はどれくらいで行う?

手を洗ったり、あるいは体を拭いたり、衛生を保つ上では必要不可欠なタオルですが、このタオルもやはり定期的に洗濯をしなければ菌が繁殖をしてしまいます。では、タオルはどのくらいの頻度で洗濯をするのが望ましいのでしょう。どのくらいの頻度で選択するかという具体的な数値はありません。そのため、厳密には正解がないと言えるでしょう。ですが、それでも使い過ぎは逆に衛生上良くないことは事実です。具体的な目安としては、使用するたびに湿ってきたら洗濯をするようにしましょう。水分が付着するとそこから菌が繁殖し安くなりますから、湿ったら洗うようにするのが最も、ベターな洗い方ではないでしょうか。今まで、どのくらい使えば良いのか分らなかったというかたは、まずは湿ってきたかどうかを確認しながら洗うとよいでしょう。逆に、あまりにも高頻度で洗うというのも家事の増加につながり、めんどくさくなってしまいます。なるべく湿ったかどうかを目安に洗いましょう。

タオル生地を傷めない洗濯の方法について

タオル生地は柔らかい感触と吸水性の高さが他の生地には無い大きな特徴です。また、生地が弾力に富んでいることから直接肌に触れても体への負担が少ない利点があります。そのため、汚れや水分を拭う実用品以外に衣類の材質として用いられることもあります。タオル生地は家庭用の洗濯機で洗浄ができる扱いやすさも普及の要因になっています。その一方で、誤った洗浄の方法で生地の劣化や色移りなどのトラブルに見舞われることがあります。お気に入りの一枚を長く使い続けるためには生地の特徴を踏まえたうえで正しい方法で洗濯を行うことが大切です。タオルは洗浄を行うことで生地に染み込んだ汚れを除去できますが、洗剤の成分によっては生地の弾力性が低下して固くなってしまうことがあります。そのため、弾力性を回復させる成分を含有した柔軟剤を併用することが生地を傷めずに汚れを落とす心得です。また、屋外での陰干しも生地を柔らかく保つための工夫の一つです。

pickup

Last update:2015/5/22

トップへ