タオルン

-タオルン / タイトル

使いやすくおしゃれにタオルの収納を行うポイント

タオルを収納する際は、まずその置き場所に気を配ります。必要な時にすぐとれる、というのは鉄則で、基本的に洗面所や脱衣所に置いておけば、洗顔や風呂上がり、いつでも使うことができます。また、お手拭き用や洗顔用、バスタオルといった具合に目的別に分けておきますと、よりわかりやすく便利です。収納は、実用面からだけではなく、見た目からも考えたいものです。工夫次第では、入れ物などと合わせて一種のインテリアという感じになります。例えば、カラーによって収納方法を変えるだけでも、いろいろな雰囲気を出すことができます。同じ色のものを一緒にすれば、統一感が出て見た目がすっきりします。また、交互に違う色を重ねることで、おしゃれな感じにすることも可能です。一般的にタオルはたたむことが多いですが、丸めるという方法もあります。意外に思われるかもしれませんが、バスケットに入れて立てておけば、とてもかわいらしく、その上取り出しやすいのです。

お洒落なタオルの収納

家庭でタオルの収納というと棚に畳んで積み重ねる人が多いですが、ちょっとした工夫で統一感あるインテリアに変身したり、使い勝手が良くなる場合もあるので少し収納の仕方を変えてみると楽しいでしょう。一例として、まずは色を統一してしまうだけでも積み重なったタオルにまとまりが出ます。白からアイボリー、ブラウン等とグラデーションのように似た色をまとめて収納するだけでもバラバラに積み重ねるよりもまとまりが出て綺麗です。その他にはインテリアとしての機能を持たせる方法として畳むという方法から丸めるという方法もあります。丸い籠などにタオルをロール状に巻いて籠に立てて置く事で部屋のアクセントにもなります。積み重ねると下に置いてある部分は取り出しにくいですが、丸める事でどれでも取りやすいというメリットがあります。家族でも専用の物があったり、来客専用の物と別にしている家庭があるならば、棚や籠を別にする事で見分けやすく、使いやすいでしょう。

check

最終更新日:2015/5/22

トップへ